木のテーブル・いす・こもの マコトントコ

木のテーブル・いす・こもの マコトントコ

無垢の木で作っているテーブル、椅子、収納の家具屋

Tel:076-464-6388
滑川市

木のテーブル・いす・こもの マコトントコ 【滑川市】

Tel:076-464-6388

インフォメーション

■名称
木のテーブル・いす・こもの マコトントコ
■フリガナ
キノテーブルイスコモノマコトントコ
■住所
〒936-0852
富山県滑川市上島29
■TEL / FAX
076-464-6388 / 076-464-6388
■公式サイト
https://www.makotontoko.com/
■E-mail
お問い合わせはこちら
■業種
家具、ファニチャー
■Facebook
https://www.facebook.com/makotontoko
■営業時間
10:00~17:00
■定休日
木・日
特別営業時間や臨時休業あり
■駐車場
あり
■新店オープン
2014年8月24日
■施設情報
駐車場あり

詳細メニュー

マコトントコについて

マコトントコについて

マコトントコは、全て自分たちでつくっています。
デザイン、木工、塗装、椅子張り。
全てショップの横の工房でつくっています。
つくるだけが家具屋の仕事ではなく、木の管理、納品、メンテナンスまで自分たちでやります。
そうすることで商品への思いが強くなり、いいものづくりへ繋がると思います。

多くの人に無垢の木を使って、味わってもらいたい。
そして、好きになってもらい、無垢の木という素材を楽しんでほしい。
家具を通して、それを伝えていく仕事をしていきたいです。

天然の亜麻仁オイル仕上げ

天然の亜麻仁オイル仕上げ

マコトントコは、自然の無垢の木を活かしたものづくりをしています。
仕上げは、天然の亜麻仁オイルを主成分とした自然塗料を使っています。
食品レベルとも言われる自然塗料は、家具を作る人にも、使う人にも安全です。
自然塗料を使った「オイル仕上げ」は、木の表面に浸透し、木の呼吸を妨げない塗膜を作るため、木に優しく、木の風合いを一番感じられる仕上げです。

一般的な木の家具には、化学塗料が主流です。
なぜなら、木の表面を硬い塗膜で覆って固めるため、キズ、水分や汚れ、熱に強いからです。
そのかわり、化学塗料の塗膜は無垢の木の風合いを損ない、木の呼吸を妨げます。

オイル仕上げの塗膜は、そこまで強くありません。
日々使っていく中で、キズや輪ジミはできてしまいます。
マコトントコは、オイル仕上げでも強くできないか?と、試行錯誤しました。
その結果、3種類のオイルを順々に塗っては、何度も磨いて仕上げることで、大分強くなりました。
輪ジミもかなり付きにくくなりました。
もしキズや輪ジミができても、メンテナンスできるので、あんまり心配せずに、使ってください。
それでも心配だったら、食事の時はランチョンマットやコースーターを使うことをおすすめします。

また、無垢の木は、長く使う程に風合いの増す素材です。
ピカピカの新品より、長く使ってキズさえも味わいになったぐらいが格好いいと思います。
自宅でもメンテナンスできるオイル仕上げは、ずっと使える無垢の木の家具に向いていると考えています。

profile

profile

店主
青山 慎(あおやま まこと)
1977年 富山県出身。
材木商の家に生まれる。
幼い頃から木と触れ合い、家業を手伝っていた20代の頃に家具屋になることを決意。
木工の本場、高山で椅子製作を学んだ後、神奈川・東京の家具製作会社にて、テーブルの設計、製作、販売に携わる。
2013年、帰郷。
2014年、地元富山にてマコトントコ開業。